整形外科・リハビリテーション科|足立区の救急病院 大高病院 西新井 梅島

救急科 〒121-0815 足立区島根3丁目17-8

電話番号:03-5856-7319

整形外科・リハビリテーション科

受付時間

外来受付時間 午前8:45~12:00/午後13:15~17:30

曜日
整形外科

リハビリ
テーション科
午前
担当医 砂辺 砂辺 砂辺 砂辺
午後
担当医 砂辺 砂辺 砂辺 砂辺

担当医師

砂辺 完治
■専門医 所属学会
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会認定 リウマチ医
義肢装具等適合判定医

整形外科について

骨・関節・筋肉・腱・神経などで構成されている「運動器」の病気や外傷(けが)を治療し、それらの機能改善を目指すのが「整形外科」です。骨折や捻挫のほか、日常的によく発症するとされる「肩こり・腰痛・膝痛・手足のしびれ・神経痛」などによる体の痛みや違和感の診療を行い、レントゲン・MRI・CT・診察所見から注射やリハビリ治療を含め、患者様一人一人に合った治療を行います。

オープン型MRIによる画像診断

従来のドーム型と異なり開放的な「オープン型MRI」です。閉鎖感やMRI特有の大きな検査音が軽減され、これまでMRIを受けられなかった方でも検査しやすくなりました。心理的圧迫感が少なく、閉所恐怖症の方でも検査を行うことができます。また、介助者の方が寄り添う事もできるので高齢の方から小さなお子様まで安心して検査が行えます。
オープン型MRI
オープン型MRIについてはこちら

リハビリテーションについて

運動器疾患(骨・関節・筋肉・腱・靭帯・および運動に係る神経の病気)や、外傷(骨折・捻挫・交通事故・仕事中の怪我※労災・スポーツ障害)などに対してリハビリテーションを行います。
理学療法士(PT)や作業療法士(OT)といったリハビリテーション専門スタッフが医師の指示のもとに運動療法※1や物理療法※2、各種補装具(装具療法※3)を用いて、患者様に合ったリハビリテーションを行い、痛みの緩和(膝や腰が痛くて長い距離を歩けない、肩が上がらなくて洗濯物が干せないなど)や自立した日常生活が送れるようにサポートします。

≪運動療法 ※1≫

活動を低下させている動きや阻害されている動き=機能障害に対して、運動力学等の知識と技術を用いて治療する方法です。正しい運動を適切な負荷量で実施することで運動機能の向上を図ります。
また、患者様ご自身でも運動を継続していただき、症状が改善した後も維持や予防につなげていきます。

≪物理療法 ※2≫

身体に物理エネルギー(温熱、寒冷、マイクロ波、電気刺激など)を加えることで血液循環の改善や筋肉の緊張の緩和、痛みの軽減などを目的に行う治療方法です。運動療法と組み合わせることで効果向上を図ります。

≪装具療法 ※3≫

つま先が上がらずにつまづく(下垂足)、膝に不安があり階段がつらい(動揺膝)など、日常生活に支障があり装具の適応があるとの診断によって装具の処方・作成を行う治療方法です。治療上、患部の固定や安静が必要な場合にも処方されます。各種杖や歩行補助具の選定などもリハビリテーション専門スタッフがサポートします。

外来リハビリテーションの流れ

STEP 01 外来受診

整形外科外来診察時に主治医がリハビリテーションの必要性を検討します。

STEP 02 リハビリテーション処方

運動療法、物理療法、装具療法などの中から患者さん個々に必要なサービスを主治医が選択し、処方します。

STEP 03 外来リハビリテーションの予約

予約制です。リハビリテーション科にて予約を承ります。

STEP 04 リハビリテーション開始

身体機能や日常生活活動の評価を行い、個々に合わせた治療を提供。併せて自宅で出来る自主トレーニングも指導。担当者よりリハビリ目標やリハビリ終了の目安、治療時間、通院頻度をご提案します。

外来リハビリテーション料金について

運動器リハビリテーション料(2)

1,700円 (1単位:20分)

自己負担額

510円(3割負担の場合)
170円(1割負担の場合)

※1単位20分の運動器リハビリテーションを行った場合

リハビリ室

リハビリ室

注意事項

  • リハビリテーションの実施は、法律で疾患名や実施できる期限が定められていますので、診断名や経過によって、実施が困難であったり、実施頻度(回数)が制限される場合があります。
    例)運動器疾患
    発症、手術または急性増悪から150日以内
  • 実施頻度は、医師・リハビリスタッフと相談の上決定します。(医師の指示、患者さまの状態により異なります)

リハビリテーション科からのお願い

リハビリの予約時間に遅れる場合やキャンセルする場合は、早めにリハビリテーション科までご連絡ください。

  • ※キャンセルについて、
  • 午前の予約の方は【前日17:30まで】
  • 午後の予約の方は【当日の午前中まで】
  • 月曜午前の予約の方は【金曜17:30まで】にご連絡ください。
  • 予約時間を過ぎてから来院されますと時間の調整が必要となりますので、お待たせする場合やリハビリ時間の短縮、別日の再予約が必要な場合があります。
  • 入院患者様のリハビリも実施している為、患者様の容態によってはお待たせすることがあります。